アクアG'sが届きました

100系ラクティスに代わって、アクアG'sがやって来ました。
届いて間もないので、オーディオもレス状態です。
当面は、ラクティスに取り付けていたDEH-P810をキャリーオーバーして、いつかは別な何かに・・・と思っています。

'13 AQUA G's ライムホワイトパールCS(082) インテリア
'13 AQUA G's ライムホワイトパールCS(082) インテリア posted by (C)modetourer

乗ってみての感想等を少し書いてみます。

1.ボディサイズが小さく感じる
全高が低めなので、100系ラクティスとほぼ同じ幅と長さ寸法でも、広さがなく全体感としてかなり狭いです。
特に後部座席が。
3~4名乗車が高い頻度の場合、この辺りをチェックした方が良さそうです。
しかし、運転席に着座するとドライビングスペースとしては狭く感じない不思議さがあります。

2.質感が標準車より良い
高級感はありませんが、標準グレードと比べてソフトレザー使用率も高く、ブラックカラーで統一されているだけあって、安っぽさが軽減しています。
スポーツシートは表皮とホールド感が良く、標準車の様なダルさは感じません。

3.足のデキが良い
25mmダウンのチューニングサスペンションが標準のG'sですが、社外品のダウンサスや車高調によくある突き上げ感がないので、街乗りでも不快感が無く、低い速度域でも運転していて楽しいです。
ただ残念なのは、ステアリングインフォメーションがかなり薄い事です。
もう少しスポーティーさを演出するなら、もっとダイレクト感のある味付けでも良かったのではと個人的に思います。
付け加えると、コンパクトカーなのに最小回転半径5.8mと、ビッグセダンや大型ミニバン並みに小回りが利きませんので要注意です。

4.G'sの場合、スペアタイヤがMOPで選択出来ない
過去に3度程、サイドウォールにダメージを受けたパンク経験があるので、スペアタイヤは必須だと思っていますが、MOPでも選択出来なかったので、100系ラクティスのスペアタイヤを流用し、小部品を揃えて近々搭載します。

5.ウインカーリレーがない
電子ちっくなウインカー作動音なのでもしやと思っていましたが、リレーとしては存在していないみたいです。
個人的に抵抗やレギュレーター系は使いたくないので、代替案が無ければウインカーはステルス化して終了かなと思っています。

6.デジタルメータの色調
12月の一部改良によって、ホワイト化したと言われるデジタルメータ。
ドコをどうやってみても、水色にしか見えません。
ココは白色化にする為、要検討したいと思っています。

7.アウターミラースイッチが変わった
一部改良前との変更点として、全照明付ミラースイッチに変更され、合わせて施錠・開錠で開閉するオート格納ミラー機能が装備されました。
スイッチに備わる簡単なコマンドにて、オート機能のON・OFFが可能です。
配線図を見る限り、160系カローラに設定されている、オート格納・リバース連動付のミラースイッチと回路が異なるので、10系アクア用は品番が違う新しいスイッチではないかと推測されます。

今後、純正流用や市販品を取り付けたインプレや、自作加工品等の紹介は、アクアG's外装編と、アクアG's内装編に分けて掲載していこうと思っています。
それに伴い、故障や事故等の責任は当方で負いかねますが、参考程度になれば幸いです。

※ 関連記事、100系ラクティス関連の更新を終了は、こちら
スポンサーサイト



TOYOTAな話