断捨離をしたクレジットカード、そして現在の保有枚数

近年キャッシュレス化が進み、カード払いがメインで、カードが使用出来ないお店以外で現金を出す事はありません。
決済をすればポイントがたまるし、現金感覚とはいかないまでも、ネットで手軽に繰り上げ返済が可能なカード会社もあります。
財布の中身を確認して、銀行ATMに・・・なんて、遠い昔のようです。

しかし正直な事を言うと、私はつい最近まで現金派でした。
恥ずかしながら、カードデビューも一般平均からすると、とてつもなく遅い部類です。
持たない人がよく口にする「クレジットカードなんて怖いし、借金しているようなもの!」
と、自分も思っていましたし、カードのランクや国際ブランド、ポイント制度や還元率、カード優待特典や年会費等々の全てが無知でした。
そんな右も左も分からない奴が、失敗したり悩んだりして断捨離をしてきた順に、個人的感想を交えながら現在に至るカードの枚数と構成を紹介していきます。


A.TOYOTA TS CUBIC CARD レギュラーJCB
 発行元:トヨタファイナンス
 年会費2年目から税込1375円

TS CUBIC CARD レギュラーJCB
TS CUBIC CARD レギュラーJCB posted by (C)modetourer

最初に手にしたクレジットカードで、ここからが全ての始まりです。
まぁ、よくある話ですが、トヨタのセールスマンに、「今ならポイント貰えますし、ETCカードは必要でしょうから、作っておくと良いですよー」と言われて、損得考えずに何とな~く申し込んだカードです。

入会特典などで付与されたポイントをどう使って良いかも知らず、2年目から年会費が税込1375円も取られる事をよく分かっておらず、ただただETCカードの為と、セールスマンの営業実績アップの為に作らされたようなものです。
しかもこの時何を思ったのか、初めてのクレジットカードなのに国際ブランドはJCB、暗証番号の設定もせず、後から圧着葉書で勝手に決められてきた経緯があります。
本当に無知というのは怖いですね~(笑)

「クレカは怖い」が頭にあったので、街中での決済に一切使用する事も無く、ETC料金のみの請求だけ・・・そんな状態で保有していましたが、年会費を払っているのにお得感が全く無い事にようやく気づき、Dのカードを取得した際、年会費無料のETCカードも手に入れられた事でついにお役御免となり、解約の手続きをしました。


B.楽天カードVISA 通常デザイン
 発行元:楽天カードサービス
 年会費永年無料
 海外旅行損害保険:利用付帯

楽天カードVISA 通常デザイン
楽天カードVISA 通常デザイン posted by (C)modetourer

自分の意思で初めて申し込んだカードであり、「クレジットカード払いでポイント二重取りが出来る」を教えてくれたカード。
事の発端は、「ネット銀行は便利」との情報で、楽天銀行を開設したからでした。
楽天カードの引き落とし口座に設定すれば、ポイントザクザク!」と書かれていたので、何故?だろうと調べてみたのです。
すると「カード申し込みで、ほにゃららポイント貰える~ク~ゥ!」となれば、ポイント二重取りでお得この上無い、これは申し込むしかないでしょ!となった訳です(笑)

まだ「クレカは怖い」が抜けていなかった頃だったので、ネットでよく調べました。
この時「ETCカードは全てのクレカで無料付帯な訳では無い」事を初めて知り、楽天カードもそれにあたりました(楽天会員ランクによって無料になります)。
当初Aのカードを解約し、楽天カードだけにする目論見でいましたが、仕方なく予定を変更する事に。
その結果、役割別に複数枚のクレジットカードを持つ考えが生まれました。

他に、平カードVISAなら2枚目を申し込めるとの情報があったので、1枚目の国際ブランドはVISAにしました。
最初は楽天市場以外に、街中での決済にも使用していましたが、2枚目としてFのカードを申し込むと、程なくしてBのカードは出番薄に。
しかも1枚目はアップグレードが非対応なのを後から知り、味気無い通常デザインのBを先々も保有していく気が無くなったので、利用期間1年弱で解約しました。


C.セゾンパール・アメリカン・エキスプレスカード
 発行元:セゾンカード
 年1回以上利用すれば年会費無料(無い場合、税込1100円)

セゾンパール・アメリカン・エキスプレスカード
セゾンパール・アメリカン・エキスプレスカード posted by (C)modetourer

これは、完全なる「超絶お得な、無料セゾン金雨キャンペーン」狙いで取得。
その頃、セゾンカードに全く興味が無く、知ったのは初回開催終了後で、時すでに遅し。
「きっとあるだろう」と見込んで、取り敢えず申し込んでみる事に。
ぶっちゃけ、カード選択は何でも良かったのですが、折角なら保有していないブランドでデザインが綺麗、年1回の利用で次年度年会費無料になるパールAMEXにしました。

予想はまんまと的中、保有して3ヶ月目にセゾンゴールドAMEX年会費無料特典の再開催が発表され、条件をクリアする為、短期間に決済を集中し無事取得出来ました。

となると、セゾンゴールドAMEXがあればCは必要無しとなる訳で、申し込み時期はDのカードより遅かったのですが、利用が7ヶ月程度と、早期に解約しました。
短い付き合いだった割には、セゾンカードと永久不滅ポイントを知るきっかけにもなり、かなり思い出深いカードです。


D.リクルートカードJCB
 発行元:JCB
 年会費永年無料
 海外・国内旅行損害保険:利用付帯

リクルートカードJCB
リクルートカードJCB posted by (C)modetourer

Bのカード(Fも含む2枚申し込み)と、同時期位で申し込みました。
多重気味だった性もあるのか、ショッピング枠はかなり渋かったのですが、半年程経過した頃に利用可能額が10万円引き上がりました。
ネットでよく調査していたのもあって、ようやく「クレカは怖い」が抜けて、ポイント髙還元率が頭を巡っていた時でもあります。
100円で1.2%のリクルートポイントがたまり(月間利用金額合計)、Pontaポイント、もしくはdポイントに交換可能な人気のカードです。

国際ブランドのチョイスは迷いました。
ネットではチャージ制限があり、VISAかmastercardが良いとの意見が多かったのですが、この時点での保有カードはA(JCB)と、BとF(VISAとmastercard)だったので、後にAを解約するつもりなら、ブランド分散の観点からJCBだろうと思ったのです。
実際に保有してみると、MyJCBのアプリは使いやすいし、ETCカードは無料、JCBブランド限定のQUICPay(nanaco)は、上限2万円までのサインレス決済が出来て、セブンイレブン限定でnanacoポイント(200円で1ポイント)も同時にたまるし、nanacoクレジットチャージでポイントは稼げるしで良い事ばかりでした。
(2020.3.12以降から、新規クレジットチャージ登録は不可です)

しかし、この後から徐々に増えてきた他社クレジットカードとの兼ね合いで、締め日と支払い日が自分に合わない事と、nanacoチャージがメインなのに月3万円迄しかポイント付与対象にならない不満も相まって、高還元率だけを追い求めるよりも、ポイントの相互交換に主眼を置いた方が、クレジットカードと長い付き合いが出来るのでは?と考え始め、取り敢えずPontaポイントから距離をおくべくDを断捨離する事に。
手続きはMyJCBから可能でしたので、簡単に解約出来ました。
この後暫くして、再びPontaポイントと付き合っていく事になるので、解約したのは勿体無かったかな?と思う1枚です。

※1 関連記事、リクルートカード 申し込みから到着までの日数は、こちら

E.Booking.comカード
 発行元:三井住友カード
 年会費永年無料
 海外・国内旅行損害保険:自動付帯

Booking.comカード
Booking.comカード posted by (C)modetourer

このカードは単純な理由、「信頼性がある三井住友カードを持ちたい」、「1%現金キャッシュバックタイプはお得そう」、「年会費無料なのに海外・国内旅行損害保険が自動付帯される」で、申し込みました。

※2 関連記事、Booking.comカード 申し込みから到着までの日数は、こちら

実際とても良いカード、年会費無料カードの中で非の打ち所が無い。
ホテルの予約で6%もキャッシュバック、VISAタッチ決済は搭載しているし、Vpassアプリは使いやすい、ポイント云々も全く気にならない。
なので、「初めてのクレジットカードを申し込みたい」とか、「カードは1枚主義だ!」、「ポイント管理は面倒臭い」と言うのなら、巷で言われるおすすめカードよりBooking.comカードを強く推したい位。

しかし、複数枚持つと・・・10000円の決済で100円のキャッシュバック、それなら100ポイントを貰った方が後々活用が出来るよなぁ~・・・と、通常とは違う捻れた思考が過ぎる様になってくる訳です。

年会費が無料、旅行損害保険が自動付帯なので、保有しているだけでも良いかと思うのですが、持てば持つで決済をしていかないとクレヒスが気になるので、考えた末、整理する方向となり解約の手続きへ。
解約はVpassから簡単に出来るので、あっという間に完了しました。

---2021.10.01追記---
Booking.comカードは、2021年9月30日をもって新規入会受付を終了しました。

※3 関連記事、Booking.comカード、新規入会受付を終了は、こちら


F.楽天PINKカードmastercard お買いものパンダデザイン
 発行元:楽天カードサービス
 年会費永年無料
 海外旅行損害保険:利用付帯

楽天PINKカードmastercard お買いものパンダデザイン
楽天PINKカードmastercard お買いものパンダデザイン posted by (C)modetourer

こちらはBの2枚目として申し込んだもの。
女性の特典が付加されたPINKカードを何故選んだかというと、単純にPINKカード専用のお買いものパンダデザインが可愛かったからです(笑)
決済はポイント付与率が大きい楽天経済圏が中心で、街中では使いませんでした。
大きな理由は、後に構成していくポイントの相互交換から外れるのが要因です。

そんな最中、使用していたカードがコンタクトレス非搭載だったので、新しい物へ切り替えをしようかな?と迷っていると、楽天カード2枚持ちの条件が改定。

※4 関連記事、楽天カード 2枚持ち条件が改定は、こちら

現行ではPINKカードでも2枚目が申し込み可能となったので、これを機に国際ブランドをVISAに変更して申し込めば、VISAタッチ決済が使えるEの代替カードとなるし、Bの頃に無かったお買いものパンダデザインも選べるのでFの代替にもなる。
よって、楽天カードVISA お買いものパンダデザインを取得する代わりに、Eに続いてFの解約もしました。


ここまで、用途を考えながら6枚のクレジットカードを断捨離してきました。
振り返ると、後悔したり、迷ったり、意味が無かったカードもありましたが、自分に最適なカードというのは、ライフスタイルや施設等の利用頻度、または趣味や保有欲などから、人それぞれ異なり、一様では無いと思います。
その数あるカードの中から、私が考慮して選んだ現在の保有カードは、クレジットカード6枚、電子マネーカード2枚となっています。


・JQ CARD エポスゴールド(VISA/JRキューポ 0.5%)
 発行元:エポスカード
 インビテーションにより年会費無料(通常、税込5500円)
 海外旅行損害保険:自動付帯
 選べるポイントアップショップ専用(0.5%→1.5%)、海外キャッシング

JQ CARD エポスゴールド
JQ CARD エポスゴールド posted by (C)modetourer

※5 関連記事、KITTE丸の内 エポスゴールドからJQ CARD エポスゴールドへ切り替えは、こちら
※6 関連記事、JQ CARD エポスゴールド 利用限度額引き上げのお知らせは、こちら
※7 関連記事、JQ CARD エポスゴールド 新デザインに切り替えは、こちら


・楽天カード お買いものパンダデザイン(VISA/楽天ポイント 1%)
 発行元:楽天カードサービス
 年会費永年無料
 海外旅行損害保険:利用付帯
 楽天経済圏専用、VISAタッチ決済

楽天カードVISA お買いものパンダデザイン
楽天カードVISA お買いものパンダデザイン posted by (C)modetourer

※8 関連記事、楽天カード 2枚目申し込みは、こちら
※9 関連記事、楽天カード ゆうちょ銀行デザイン 申し込みから到着までの日数は、こちら


TカードPrime(mastercard/Tポイント 1%)
 発行元:ジャックスカード
 年1回以上利用すれば年会費無料(無い場合、税込1375円)
 海外旅行損害保険:自動付帯、国内旅行損害保険:利用付帯
 Tポイントカード兼用、固定費、日曜日専用(1%→1.5%)

TカードPrime
TカードPrime posted by (C)modetourer

※10 関連記事、TカードPrime 申し込みから到着までの日数は、こちら
※11 関連記事、VポイントとTポイントが統合は、こちら

・アルビスPontaカードプラス(mastercard/Pontaポイント 0.5%)
 発行元:SMBCファイナンスサービス(旧セディナ)
 年1回以上利用すれば年会費無料(無い場合、税込1100円)
 海外・国内旅行損害保険:利用付帯
 Pontaカード兼用、海外キャッシング・ショッピング早期繰り上げ返済用、QUICPay(nanaco)

アルビスPontaカードプラス(表)
アルビスPontaカードプラス(表) posted by (C)modetourer

※12 関連記事、アルビスPontaカードプラス&QUICPay(nanaco) 申し込みから到着までの日数は、こちら
※13 関連記事、セディナカード三井住友カードと合併する事が決定は、こちら


・JQ CARD セゾン(JCB/JRキューポ 0.5%)
 発行元:セゾンカード
 年1回以上利用すれば年会費無料(無い場合、税込1375円)
 クラッセスコア星6にて、JRキューポ0.5%→1%に上昇
 nanacoクレジットチャージ、楽天Edyチャージ

JQ CARD セゾンJCB
JQ CARD セゾンJCB posted by (C)modetourer

※14 関連記事、JQ CARD セゾン 申し込みから到着までの日数は、こちら
※15 関連記事、JQ CARD セゾン クラッセ特典の対象カードになるは、こちら


・セゾンゴールド・アメリカン・エキスプレス・カード(AMEX/永久不滅ポイント 0.75%)
 発行元:セゾンカード
 セゾンクラッセ優遇特典、年1回以上利用すれば年会費無料(無い場合、税込11000円)
 海外・国内旅行損害保険:利用付帯
 クラッセスコア星6にて、永久不滅ポイント0.75%→1.25%に上昇
 メイン決済、ETC料金、プライオリティパス(必要時)

セゾンゴールド・アメリカン・エキスプレスカード
セゾンゴールド・アメリカン・エキスプレスカード posted by (C)modetourer

※16 関連記事、セゾンゴールド・アメリカン・エキスプレス・カード 年会費無料特典は、こちら
※17 関連記事、ゴールドカードセゾン 申し込みから到着までの日数は、こちら
※18 関連記事、セゾンゴールド・アメリカン・エキスプレス・カード 新デザインに切り替えは、こちら
※19 関連記事、衝撃!セゾンクラッセがサービス終了は、こちら
※20 関連記事、ポイント還元率が高いクレジットカードを考えてみるは、こちら

・nanacoカード
 収納代行、税金等支払い、QUICPayの利用

nanaco
nanaco posted by (C)modetourer

※21 関連記事、nanacoカードの再発行をしましたは、こちら


・楽天Edy付きポイントカード
 ポイントカード提示専用(幾度となく遭遇した、誤決済防止の為)
 楽天Edy(現在、ほぼ使用無し)


ポイント相互交換図3

・紫矢印=相互交換には特定のクレジットカード保有が必要
・黄矢印=クレジットカード保有は実質必要無し
・緑矢印=1方向にポイント付与
・赤枠=電子マネーカード
・青枠=獲得したポイントは枠内経済圏で利用


カードの特徴から、特定の加盟店や手段で「超お得!」的な物はありませんが、ゴールドカードを中心に以下の条件を取り入れて構成しました。

・年会費は無料が条件(許容範囲は、年1回利用すれば年会費無料まで)
・可能な限り、カード発行会社と国際ブランドは分散させる
・高還元率だけを追わず、共通ポイントの集約や、ポイントカードとの一体型も取り入れる
・多彩な決済方法(VISAタッチやQUICPay)や、電子マネーチャージもカバーする
・キャッシングやPay-easy機能などの利便性も考える
・海外・国内旅行損害保険が自動付帯、または利用付帯するカードをなるべく保有する
・現状、マイルがたまるカードは外す(後に方針転換したい場合にも考慮する)

獲得したポイントの流れですが、楽天、Ponta、nanacoを除く共通ポイントは、永久不滅ポイントへ集約しポイント運用サービスにて増やす事にしていますが、集約しきれない楽天ポイント、Pontaポイント、nanacoポイントは、今の所、各々の圏内で活用、または消費する形としています。

枚数が多めなのも否めませんし、完全にポイントを集約する事も出来ていませんが、用途の点から、死角の少ない構成にはなっていると思うので、暫くはこのラインナップを維持していこうと考えています。
スポンサーサイト



クレジットカード・銀行