ポイント還元率が高いクレジットカードを考えてみる

2022年8月31日迄でセゾンクラッセが終了するのに伴い、クラッセスコア星6(永久不滅ポイント2倍)の特典が無くなる事から、私の中で「次のメインカードを何にするか?」問題が浮上しました。
現在はセゾンゴールドAMEXをメインカードとしていますが、猶予期間6ヶ月を過ぎるとポイント還元率が1.25%から0.75%へ下がってしまう為、今後カード構成の一旦を担えそうな年会費無料で還元率が高いクレジットカードを探してみる事にしました。


A.メインカードを新しく申し込むケース

UCカードFreeBO

1.FreeBO!(フリーボ!)
・年会費永久無料、家族カード無料、ETCカード無料
・国際ブランドはVISA、Mastercard
永久不滅ポイントは1000円で2ポイント(還元率1.0%)
・ショッピング保険が付帯
・モバイルSuica、au PAYプリペイドチャージで永久不滅ポイント1.0%付与
・リボ専用カードだが、一手間加えれば普通のカードと同じ決済方法で使える

FreeBO!(フリーボ!)の詳細は、こちら

(私的メリット)
年会費無料ながら、永久不滅ポイント還元率が1.0%、ETCカードも無料。
セゾンカード永久不滅ポイントの合算が可能。
明細なども、同じポータルサイトで管理が出来るのが便利。
VISAであれば、タッチ決済が搭載されている。
初回リボ手数料が発生しない為、リボ定額コース(初期設定5000円)をショッピング利用可能枠の上限一杯に変更すれば、通常のクレジットカードとして決済が可能。
(セディナカードJiyu!da!と同様の使い方が出来る)

(私的デメリット)
セゾンカードで利用出来るNet入金(Pay-easy早期返済システム)だが、セゾン発行のFreeBO!と言えど、UCカードでは未設定。
決済で使用する事を躊躇う位、ダサくて古臭い券面デザイン。
Mastercardに至っては、申し込み前に券面デザインの確認が出来ない。


TOKYO CARD ASSIST

2.TOKYO CARD ASSIST
・年会費永年無料、家族カード無料
・国際ブランドはVISAのみ
・カード請求額合計200円でワールドプレゼント2ポイント(還元率1.0%)
・リボ払いの場合、ショッピング保険が付帯
・国内キャッシングリボを優遇、年率8.8%
・18歳以上から49歳まで申し込みが可能
・モバイルSuicaや楽天Edy、各種電子マネーチャージはポイント付与対象外

TOKYO CARD ASSISTの詳細は、こちら

(私的メリット)
年会費無料で、ポイント還元率が1.0%、VISAタッチを搭載。
スタイリッシュな券面デザイン、ブラックコア仕様なので側面も黒色。
発行元の東京クレジットサービスは、三菱UFJフィナンシャルグループの傘下であるが、VJAグループなので明細確認は扱いやすいVpassになる。

(私的デメリット)
毎月15日締めの翌月10日払いが馴染めない。
私が利用している引き落とし口座がオンライン登録口座に無い為、初期登録は時間の掛かる口座振替依頼書になってしまう。
ワールドプレゼントは様々な他社ポイントとの交換が可能だが、等価交換とはならない(0.8%)為、キャッシュバック利用(1.0%)以外に旨味が無い。
キャンペーンの類いは、ほぼ皆無に等しい。


リクルートカードmaser

3.リクルートカード
・年会費永年無料、家族カード無料
・国際ブランドはVISA、Mastercard、JCB
・髙還元率1.2%でリクルートポイントが貯まり、Pontaポイント、dポイントに交換可能
・海外・国内旅行損害保険が利用付帯
・対象電子マネーチャージは、3万円まで1.2%(JCBは0.75%)
・JCBであれば、ETCカード無料、QUICPay(nanaco)の登録が可能

リクルートカードの詳細は、こちら

(私的メリット)
年会費無料で、ポイント還元率が1.2%。
私の場合はPontaポイントに交換、街中で利用出来る他、最近はポイント投資も可能になった。
Tポイント、JRキューポ、永久不滅ポイントは、Pontaへ等価交換が可能なので、保有ポイントをPontaに寄せてしまうなら申し込む価値が大いにある。

(私的デメリット)
一度解約(JCB)をしたのに、まさかの再勘案。
毎月15日締めの翌月10日払いが馴染めない。
今時、全国際ブランドでタッチ決済が非搭載。
JCBは、myJCBアプリが使いやすいが、MUFG発行の場合、WEBサイト・アプリが扱いづらいらしい。
私の様なAndroid端末所有で、電子マネーチャージをしないとなるとVISA・Mastercardにするメリットが少ない。
期間限定の固有ポイント付与は結構あるが、自分の環境では嵌まらずほぼ使った事が無い。

---2022.8.06追記---
VISA・Mastercardブランドは未確認ですが、JCBブランドにはタッチ決済が搭載されました。


B.保有カードの中からメインを変更するケース

T-CARD Prime

4.Tカード Prime
・年1回利用で次年度年会費無料(無い場合税込1375円)、ETCカード無料
・国際ブランドはMastercardのみ
・Tポイントは100円で1ポイント(1.0%)、日曜日は200円で3ポイント(1.5%)
・海外旅行損害保険が自動付帯

Tカード Primeの詳細は、こちら

(私的メリット)
日常利用していれば年会費無料、ETCカードも無料。
基本還元率1.0%、日曜日の利用のみ1.5%に上昇。
加算方式は月間利用金額合計なので、取りこぼしが少ない。
JRキューポと等価相互交換可能、JQ CARDセゾンも保有しているので永久不滅ポイントにも寄せられる。
意外とエントリー出来るキャンペーンが多く、賞品も豪華だったりする。

(私的デメリット)
コンタクトレス未対応。
決済場所によっては大幅に遅れる利用明細、また次月更新も遅い。
専用アプリが無く、明細確認が非常に不便なのが致命的。
今月から電子マネーチャージがポイント付与対象外になったりと、突如改悪をする事で有名なJACCSカード。
メインカードとした場合、先々安定して使っていけるのかが気がかり。


楽天カードゆうちょ銀行デザインお買いものパンダVISA

5.楽天カード
・年会費永年無料、家族カード無料
・国際ブランドはVISA、Mastercard、JCB、AMEX
・楽天ポイントは基本100円で1ポイント(還元率1.0%)
・海外旅行損害保険が利用付帯
・ETCカードは会員ランクによって無料になる
・知名度が高いカード

楽天カード(ゆうちょ銀行デザイン)の詳細は、こちら

(私的メリット)
ポイントカードとして出す機会が多く、日常で使いやすいカード。
VISAを選択しているので、街中でのタッチ決済頻度も高い。
ちょっとレアな「ゆうちょ銀行お買いものパンダデザイン」がかわいい。

(私的デメリット)
ポイント改悪が多方面で出始めているので、先行きが不安。
個人的にWEBサイトは使いやすいが、アプリの方はごちゃごちゃしていて扱いづらい。
ポイントが貯まりやすく、ポイント投資や街中で利用しやすい面もあるが、マイル以外のポイント相互交換ルートが無く、等価交換も出来ない為、楽天経済圏以外の発展に乏しい。


以上、上記の5種類です。
還元率だけや特定目的で上昇するカードも踏まえれば他にも有力株がありそうですが、永久不滅ポイントまたはJRキューポを軸にするとなると候補が絞られます。

ケースAでは、フリーボ、リクルートカードが有力ですが、フリーボの場合はNet入金不可で、人前であまり出したくないレベルの券面デザインが引っかかる要因となっています。
また、みずほ銀行とセゾンカードの間で提携解消をしていますので、長期に使っていけるのかの不安もあります。
リクルートカードの場合、引き落とし日が自分に合わない事と、VISA・Mastercardを選択した場合のメリットが薄く、とは言えJCBを再取得してメインに据えるのは、どうにもモヤモヤ感が拭えません。

ケースBの有力候補はTカードPrimeですが、私的デメリットのウエイトが大きいので決めかねています。

今回の結果、JRキューポ・永久不滅ポイント圏だと選択肢が狭い反面、au(Ponta)経済圏にポイントを寄せていくのであれば、意外と現状から移行しやすい感じを受けました。
これを踏まえて、クラッセの猶予期間が年末位まであるので、もう少し煮詰めていきたいと思っています。

※1 関連記事、エポスカードVISA 申し込みから到着までの日数は、こちら
※2 関連記事、セゾンゴールド・アメリカン・エキスプレス・カード 年会費無料特典は、こちら
※3 関連記事、エポスゴールドカードVISAのインビテーションは、こちら
※4 関連記事、TカードPrime 申し込みから到着までの日数は、こちら
※5 関連記事、JQ CARD セゾン 申し込みから到着までの日数は、こちら
※6 関連記事、KITTE丸の内 エポスゴールドからJQ CARD エポスゴールドへ切り替えは、こちら
※7 関連記事、楽天カード 2枚目申し込みは、こちら
※8 関連記事、アルビスPontaカードプラス&QUICPay(nanaco) 申し込みから到着までの日数は、こちら
※9 関連記事、断捨離をしたクレジットカード、そして現在の保有枚数は、こちら
※10 関連記事、ゴールドカードセゾン 申し込みから到着までの日数は、こちら
※11 関連記事、楽天カード ゆうちょ銀行デザイン 申し込みから到着までの日数は、こちら
※12 関連記事、JQ CARDセゾン ゴールドカードが登場する可能性あり?は、こちら
※13 関連記事、衝撃!セゾンクラッセがサービス終了は、こちら
※14 関連記事、最後のセゾンクラッセイベント トスの日プレゼントにガッカリは、こちら
※15 関連記事、今日で見納め!セゾンクラッセ 2022年8月31日終了は、こちら
※16 関連記事、リクルートカード 申し込みから到着までの日数は、こちら
※17 関連記事、Mastercardブランドの楽天カードで、衝撃的な改悪は、こちら
※18 関連記事、VポイントとTポイントが統合は、こちら
スポンサーサイト



クレジットカード・銀行